フラット35繰り上げ返済で返済期間短縮【まずは新規申し込みを】

返済する為の方法

貯金箱

事前に行う事

他の住宅ローン同様にフラット35でも繰り上げ返済が可能です。返済額に一定の指定や手続きの方法に違いがあるので確認しておく必要があります。フラット35では2種類の手続き方法があります。1つは金融機関の窓口で手続きを行うスタンダードな方法です。まずは返済中の金融機関へ行き事前申請を行うのですが、事前申請は繰り上げ返済予定の1か月前までに行います。窓口で返済予定額や繰り上げ返済した後の手続きについて相談できます。この返済した後の手続きが、月々の返済額を減らすのか返済期間を短縮するのかを決める相談です。金融機関から申請書を渡されたら必要事項を記入して提出します。これで後は返済日に入金すると官僚になります。金融窓口での手続きですと100万円以上の額から返済できます。もう1つがインターネットを活用した方法です。金融機関に行く事無く返済できる方法ですが、まずはフラット35の住・MyNoteに新規申し込みを行う前準備が必要です。利用可能額は10万円以上からになり、手数料も掛からない方法です。インターネットからの繰り上げ返済では決まりがあり、連続して使用できません。行った場合は翌々月の営業日以降しか申込みができないので、最短でも1か月おきの返済となります。新規申し込みによりお客様IDが渡されるので忘れない様に保存しておくことが重要です。以上の様に1か月前以上からの申請や事前の準備がフラット35の繰り上げ返済では必要です。